エステティシャンとして働く方法

エステティシャンは資格が必要ない仕事です。
しかし施術は直接人の肌に触れるので、しっかりとした知識や技術が求められます。
よってエステティシャンを目指す人の多くは、エステティック養成学校やスクールに通います。
未経験から始めるエステサロンより、即戦力を求めるところが多いので、基礎的な知識を学ぶのが主流です。
学校を卒業するまでに3ヶ月~1年かかり、その後は提携先のエステサロンに就職するパターンが多いです。
一方で、未経験者を養成してスキルを身につけさせる教育制度を持つエステサロンを利用する場合もあります。
最近はエステが注目を集めているので、エステティシャンとして働くことは難しくありません。
就職後に社内研修を受けたり、自主的に勉強したりします。
また転職する人も多いです。
お客と話しながら良い関係を築く必要があるので、前の勤務地で営業をしていた場合は、高く評価されます。
ただしライバルも多いので、就職に有利なのは学校に通うこととされます。
今まではエステは女性が利用するものでした。
しかし現在は男性をターゲットにしたメンズエステも好評です。
さらにブライダルエステなどエステティシャンが活躍する場が広がっています。

エステティシャンはやりがいのある仕事です

女性の憧れる職種の上位に挙げられることも多いエステティシャン、容姿端麗な女性も多く、さっそうと仕事をしているイメージがあり、自身のケアにもプラスになることが多いと想像できるので、技術を習得すべくスクールに通っている女性も少なくありません。
エステティシャンという仕事は、女性の美しくなりたいという願望をサポートするやりがいのある仕事で、施術後のお客さんの、驚いたような喜びの笑顔に接することのできる、とても素晴らしい仕事です。
しかしエステティシャン程、過酷で厳しい仕事もないといわれており、中途半端な憧れだけでは到底続けられない仕事です。
事実業界では3Kと陰で言われており、給料安い、厳しい、汚い、これに加えて休みもあまり取れず、まさに肉体労働といえるのが実情です。
しかし、女性に取っては命ともいえる素肌を扱う仕事であり、万が一があっては許されることではないので、お客さんの肌に実際に触れられるようになるまでは、いろいろな勉強をこなさなければならないのは当然です。
でも、そういった努力を積み重ねていけば、自分の手一本で勝負ができ、感謝され喜んでもらえるやりがいのある仕事で、自分に顧客がついてくるようになる職人ともいえる仕事なので、興味があるのであればぜひ挑戦するべき仕事です。

Favorite

LED打ち替えなら
サッカー ユニフォーム
株式会社さなる
鯉のぼり

最終更新日:2017/8/9